2010年06月15日

農水相は山田副大臣決まる(産経新聞)

 民主党は7日、両院議員総会を開き、菅直人新首相(党代表)のもとでの新執行部を正式に決定した。幹事長に枝野幸男行政刷新担当相、政調会長に玄葉(げんば)光一郎衆院財務金融委員長、国会対策委員長に菅氏と代表選を争った樽床(たるとこ)伸二衆院環境委員長が就任した。玄葉氏は入閣し、公務員制度改革のほか少子化、男女共同参画、「新しい公共」を兼務する。農水相ポストには山田正彦農水副大臣の就任が決まり、8日に「菅内閣」が発足する。

 菅氏の衆参両院での所信表明演説は11日に行われ、各党の代表質問は計2日間行われる見通しだ。

 菅氏は7日の議員総会で結束を呼びかけたが政府・与党連絡会議を新設するなど、小沢一郎前幹事長時代とは異なる政権・党運営をとる。しかも枝野、玄葉両氏ともに小沢氏と距離を置いており、「反小沢」色の濃い顔ぶれとなった。

 枝野氏は7日の就任記者会見で、小沢執行部が地方自治体や団体の陳情を幹事長室に一元化したことについて「(処理の過程で)利権的な誤解を招くような部分があった。要請は透明性を確保したい」と述べた。

 玄葉氏は参院選マニフェスト(政権公約)について「次の衆院選後に消費税を含めた抜本改革を行うと書かないといけない」と述べ、消費税率引き上げに取り組む方針を示した。

 菅氏はこの日、閣僚人事の最終調整を行い、国家戦略担当相になる荒井聡首相補佐官に消費者担当と経済財政担当を兼務させることを決めた。当初、消費者・少子化担当相への就任が内定していた蓮舫(れんほう)参院議員は事業仕分けで注目を集めたこともあり、枝野氏の後任が適役との判断から行政刷新相に就く。

 口蹄(こうてい)疫の拡大を防げなかったとして辞意を示した赤松広隆農水相の後任は、筒井信隆衆院農水委員長が検討されたが、口蹄疫問題の現場責任者を務めている山田氏の昇格となった。

 野田佳彦財務副大臣が財務相に昇格するほか、岡田克也外相ら11人が鳩山内閣からの再任となる。参院枠の官房副長官には福山哲郎外務副大臣が決まった。

【関連記事】
新幹事長が「脱・小沢戦略」示唆  参院選候補問題
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<菅内閣>攻め手欠く野党 焦りも(毎日新聞)
普天間問題から財政再建まで――菅政権が抱える課題とは(Business Media 誠)
りそな銀2.5億円納付漏れ 印紙税、3年で60万枚分(産経新聞)
大手銀行に機関誌購読要求=容疑で「総会屋」逮捕―警視庁(時事通信)
北教組の委員長代理、長田被告が判決後に会見「裏金ではない!」(産経新聞)
posted by ハシヅメ ヨシヒロ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

保護時の体重40キロ未満=トイレ監禁の中3男子―警視庁(時事通信)

 中学生の次男を自宅トイレに監禁したとして、母の無職中島まゆみ容疑者(47)と交際相手の職業不詳川崎輝久容疑者(34)が逮捕された事件で、保護された際に次男の体重が40キロに満たなかったことが4日、警視庁光が丘署への取材で分かった。
 同署は次男が監禁のほか、十分な食事を与えられない虐待や暴行を受けたとみて調べている。
 同署によると、当時14歳で中学3年だった次男は同学年の男子と比べ、かなりやせており、体重は40キロ未満だった。
 次男は「2人が食事していても、自分は何も与えられなかった」と話しているという。 

【関連ニュース】
トイレに次男11日間監禁=食パン砂糖だけ、容疑の母ら逮捕
台湾の男女4人国際手配=赤坂の飲食店連続襲撃
3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談
「肩当たった」大学生監禁=少年2人、容疑で逮捕
マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万円か

菅政権でも外交変わらぬ=北沢防衛相(時事通信)
普天間合意に基づき対応=菅新首相、米大統領と電話会談(時事通信)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
映画批評『噂のモーガン夫妻』
鳩山首相、ヒヨドリ辞任…小沢幹事長を道連れ(スポーツ報知)
posted by ハシヅメ ヨシヒロ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

歌舞伎、将棋などをまちづくりに=地域の伝統文化活動を財政支援―文化庁(時事通信)

 文化庁は今年度、歌舞伎や茶道、将棋などの伝統文化や娯楽の保存に向けた地域住民の主体的な取り組みに対する財政的な支援を始める。伝統文化を活用して地域活性化やまちづくりにつなげる試みで、全国各地域の文化財保存会やNPOなどから6月下旬に160団体を選び、総額16億円を助成する。
 同庁はこれまでも、伝統文化の保存を目的に各種団体への資金援助を行ってきた。しかし、例えば、同庁の援助で祭りの山車を修理できても、少子高齢化による人手不足などで祭りの開催には至らないなど、援助が伝統文化の継承につながらないケースも多かった。そこで、文化財をモノとして維持するだけでなく、伝統文化の継承に役立てたり、伝統文化を保存して地域の活性化につなげたりする取り組みを積極的に支援することにした。
 伝統文化の範囲は、地域固有の民俗芸能、歌舞伎などのほか、将棋などの娯楽、茶道や華道、有形・無形文化財など幅広く設定。地域の人々のよりどころとなる伝統的な活動を支援することで、まちづくりを支える。 

【関連ニュース】
加藤元名人の敗訴確定へ=控訴見送り
将棋最高齢の有吉九段が引退
事業仕分けの結果(21日)
宝くじ関係8事業を廃止=国交省関連2事業も
羽生が3連覇=将棋名人戦

アユ密漁容疑で書類送検 「稚魚がおいしい…」(産経新聞)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
<岡本倶楽部>財務局の違法性指摘後も口頭で「元本保証」(毎日新聞)
水とカニ殻から生体材料=有機溶媒使わず安全―金沢工大など(時事通信)
「車購入」実は演技…NHKが謝罪 3年前のインド特集で(産経新聞)
posted by ハシヅメ ヨシヒロ at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。